おはぎ

おはぎをつくりました。 
我が家の男子は、きなこたっぷりが大好き。
d0111287_22121863.jpg

今年はお墓参りに行けないので・・・
おじいちゃんのこと、おばあちゃんのこと、おじさんのこと、そしてお義姉さんの
こと・・・を思い出しながら、いただきました。

いつも見守ってくれて、ありがとう。

******************************************************

おうちランチ。
今日は息子がいます・・・なぜか。(苦笑)

息子のリクエストで トマトとエビのパスタ。
d0111287_22171465.jpg

トマトソースに牛乳を加えて、酸味を和らげたものが息子のお気に入り。
"これが食べたかったんだよ~" などと珍しく嬉しいことを言ってくれました。^-^v

私は今日は和風パスタ気分。
d0111287_22192799.jpg

柚子胡椒とお醤油、ガーリックパウダー少々でちゃちゃっと味付け。
う~ん。満足満足。

こちらのエビ。我が家はいつも冷凍ものですが、背わたをとってくれてあります。
すぐに使えるので、助かります~。さすが、ちゃちゃっとアメリカ!(笑)
d0111287_22242333.jpg





なぜ息子が平日家にいたかと申しますと・・・

二週間ほど前に、外遊びをしているときに正体不明?の虫に刺され、左腕が
右腕の1.5倍くらい腫れてしまった息子。
病院で処方された薬が効かず、翌日もう一種類の薬を追加されました。

数日のうちに腫れもひき、ほっとしたところ・・・
今週の月曜日。腫れが引いた部分に今度はじんましんが!
慌てて病院に連れて行くと、薬の副作用では?と、市販されているアレルギーの
薬を飲むように指示され、かゆがったら塗るようにとクリームを処方されました。

でもその日の午後には、大小さまざまなじんましんが息子の全身に出てしまい、
またまた大慌て。再度病院へ連れ行くものの、様子を見てください、とのこと。
ただし、もし呼吸が苦しくなるとか熱が出たりしたら Emergencyへ行くように、と。

その後、時間が経てば経つほどかゆみが増し、夜中になってもまったく眠れません。
午前3時を過ぎた頃、眠りたくても眠れなくてイライラする息子。
かゆくてかゆくて、いてもたってもいられない様子。微熱もあり。

あまりにつらそうだったので、意を決して Emergency へ連れて行くことに。

午前3:40頃、 emergency到着。
待合室には思ったより人が少なく、ちょっとほっとする。でも・・・これが甘かった。苦笑
受付をすますとすぐに看護師さんが体重や体温を測ったり、簡単な問診をしてくれる。
案外スムーズだわ。などとのんきなことを思う・・・でも、これも甘かった・・・。

その後初診だったため、事務の受付を済まし、"二番目だから"と言われ待合室で
待つよう言われる。 
二番目・・・と言うことは待ってもあと一時間くらいかな~と息子と話す。・・・これも甘い!

午前6時・・・いまだ名前呼ばれず・・・私の英語力では聞き逃してしまったのかも・・・と
受付に "二時間ほど待っているのですが、あとどのくらいかかりますか?"と
聞きに行くと、受付嬢、"次だから、もう少し待っててね。"とにっこり。

もう少し・・・ってどのくらい???と言葉に出来ないまま待合室に戻る。
でもその15分後、受付嬢がまたまたにっこり微笑んで、"順番来ましたよ~"と
呼びにきてくれ、"やった~!"といそいそと後ろを付いていくと・・・なんとびっくり!!!

とっても広い診察室。
かなりの数の患者さんが、ところ狭しと並べられたベッドに寝ていらっしゃる。

何だかじんましんくらいで来ては行けなかった?と言う気持ちに一瞬なってしまう。

息子が待つように言われたベッドは、明らかに通路に無理矢理増やされたベッドで
用具入れ部屋のすぐ隣。
ひっきりなしに出入りの人がドアをバタン!バタン!
ドアを静かに閉める・・・などと言う余裕は当然お忙しい皆さんにはない・・・。
その上、冷房の真下。さむ~~~~い。

息子のブランケットの端を分けてもらい、そこで待つこと1時間半・・・
時計を見たらもう7時半・・・この時間だったら、かかりつけの病院がもう開いている・・・
そう思うと、何だかとっても虚しい・・・。

あんなにかゆくて眠れない!と言っていた息子も、さすがに疲れて眠ってしまう。

8時少し前になって、やっとドクターが来てくれる!
事情を拙い英語で説明。
飲んでいた薬を見せると、"この薬は大体の人がじんましんが出ちゃうのよ。"
"あ、こっちもそうだわ~"とにっこり・・・って、ここでにっこりされても・・・。苦笑

そして、ちょっと待っってね。・・・と言って去っていくドクター。
その後彼女は40分以上戻らなかった・・・。笑

その間に、違うドクターが来て、念入りに息子の体をチェック。
そして、また・・・"ちょっと待ってて。"と去っていく・・・。

そんなことを繰り返し、息子が薬を飲ませてもらい、翌日必ずかかりつけの病院へ
行くことなど注意点を聞き、家路に着いたとき・・・時刻は9時半を回っていました。

emergency滞在時間、6時間。
emergency・・・の意味をもう一度辞書で調べてしまった私です。苦笑

私がもう少し英語ができれば、もっとスムーズだったのかもしれませんが。苦笑
でも看護師さんもドクターも、一分一秒を争うであろう仕事の中、こちらがわかるまで
一生懸命説明してくれ、親切にしてもらいました。本当にありがたかったです。
時間はかかったけれど、これも良い経験だったと思います。ホントよ!
でも、最初で最後にしたい・・・。

幸い、息子のじんましんは今日は随分よくなり、明日からは学校へも行けそう!^-^v

それにしても、40歳すぎての徹夜は・・・こたえますね。
家に帰ってきて鏡を見たら、まぁ、すごい顔!
目の下には、史上最強?の Big Bear→大くま (笑)
救急ですから、すっぴん眉毛なし(爆)で行ってしまいましたから・・・
思い出すのもおそろしいほど。(笑)
これもまた楽しい?思い出に・・・なりそうです~。


本当に長くて、ごめんなさい。
最後まで読んでくださった方がいらしたら・・・ありがとうございました。
そして、お疲れ様です。 笑

[PR]
by ha-ru211 | 2009-09-23 22:09 | パンもお菓子も
<< 秋~ Banana Cake >>