2500キロの旅~その4

7月6日・・・
まずは、ホテルで朝食を~今日は、事前にフロントで
得々クーポンを購入。
お一人様9ドルなり~。

壁にこんな素敵な言葉を発見!
何だか朝から良い気分。^^
d0111287_1134442.jpg

今日も朝から、がっつメニュ~。
d0111287_11384927.jpg

目玉焼きにとろけたチーズ、かりかりベーコンを
弾力のある美味しいパンと一緒に~。

さてさて、まずは第一の目的地・Liberty Bellへ!

ウィキペディアによりますと・・
自由の鐘(じゆうのかね、英語:Liberty Bell)は、
アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあり、
合衆国の歴史に大きな意義を持つ鐘の名称。
英語の名称そのままのリバティ・ベルと表記されることもある。
恐らく自由の鐘はアメリカの独立、並びにアメリカ独立戦争を
連想する上で、最も突出したシンボルの一つである。
また、独立、奴隷制の廃止、合衆国内の国民性と自由において
最も親しみのある象徴の一つであり、国際的な自由の偶像と
しても用いられてきた・・・
だそうです。

d0111287_1148273.jpg


そして、その後、超有名人!あの人の待つ
フィラデルフィア美術館へ!
d0111287_10312664.jpg


あの人とは・・・ロッキー!
d0111287_10281218.jpg
d0111287_10301013.jpg

そう!ここフィラデルフィア美術館の前庭階段↑は、映画『ロッキー』で
シルヴェスター・スタローン(長いね!)扮する主人公が
トレーニングで駆け上がる階段。
(あの音楽が流れてきませんか?^m^)
“The Rocky Steps” と、名前もついているそうです。

観光案内のパンフレットにも、
『さぁ!両手をあげて!エイドリア~ン!と叫びましょ!』
と書かれてましたよ。(笑)

もちろん、我が家の男子は駆け上がりました。
あ、私は、無理しない無理しない。(笑)

美術館の規模も大きく、昔、教科書で見た(笑)
ゴッホのひまわりなど有名なものも多数ありました。

息子は、ロボット漫画を描く参考にする!と言って、
armor-甲冑コレクションを食い入るように見て
おりました。







そして、そして、帰り際・・・もうひと方、いえいえ、多数の
有名人に遭遇~。
牛!牛!牛!
d0111287_1114153.jpg

そして、牛たちも階段を駆け上り・・・
ノックアウト~!(笑)
d0111287_114187.jpg

この日、32~3度ありましたから、それはもう・・・大変
だったかと。(笑)

そして、全員で記念撮影。パチリ。
d0111287_117566.jpg

こちらの面々。
我が家の男子が大・大・大好きなサンドイッチチェーン店
マスコット(きも可愛い?)。

集まった人たちに頭につける牛バンドを配布。
それをかぶって決められた日にお店に行けば、
フリーのサンドイッチがもらえるよ~
牛の格好をしていけば(どんな?)、ミールセットが
フリーよ~とのこと。

うちの男子らは、ロッキーよりも、ひまわりよりも
牛に興奮しておりました。(笑)

楽しい気分で、フィラデルフィアを後にし、向かったのは
ワシントンD.C.!
ここに一泊。

暑さと長距離ドライブの疲れが徐々にたまってきて、
ワシントンは、自然史博物館とアメリカ歴史博物館を見学しただけ。
写真もほとんど撮らず。(苦笑)

でも、今回初めて入った歴史博物館は、興味深いものばかり。
とくに、人種差別と戦争の歴史の展示からは、なかなか
離れられませんでした。
第二次世界大戦の展示コーナーでは、原爆投下にいたった
経緯の記述に、とても複雑な気持ちになりました。
息子を連れて、もう一度ゆっくり訪れたい場所です。


7月7日・・・
お昼過ぎにワシントンを出発し、途中視界ゼロの集中豪雨に遭遇
したものの、午後8時過ぎ、無事に自宅へ到着。
お疲れさま~。

この6日間の総走行距離は・・・なんと1600マイル!
(およそ2500キロ!)
頑張りました!あ、主人がね。

帰ってきて早々息子の口から
『今度からは、季節に合った旅行にして!』との要望が。
海や川~そちらの方が息子はよかったみたいです。
お父さん、こんなに頑張ったのにね。(苦笑)


家族みんなで旅行~あと何回いけるかな。
息子がいつまでも一緒に行ってくれるといいのですが。^^

長い長い旅行記、読んでくださってありがとうございました。
[PR]
by ha-ru211 | 2011-07-17 11:43
<< ひとめぼれ 2500キロの旅~その3 >>