南部料理

またまた久しぶりの更新となってしまいました!
更新のない間も、のぞいて下さった方々~ありがとうございます。




d0111287_3312391.jpg

先日、と~っても嬉しい出来事が!
日本が大好き!とおっしゃるご婦人とお知り合いになり、
ランチにご招待いただきました。

お友達と一緒に、お伺いしてびっくり!!!
彼女のおうちはゴルフコースの中にある超豪邸!

庶民の私には、表現しきれない豪華な品々がいたるところに飾られ、
大興奮した私 "Great! Great! " といつも以上にpoor 
Englishを繰り返すのみ。(苦笑)

ご紹介できないのが、本当に残念!な素敵なお宅を見せていただいた後、
アメリカ南部料理をご馳走になりました。

彼女が作ってくれたお料理は・・・超シンプル↑
blackeye peas と言うお豆です。
オリーブオイルで玉ねぎを軽く炒め、そこに一晩水につけて柔らかく煮て
おいたpeasを加え、塩コショウで味付け。
隠し味に、ほんの少し青唐辛子。これだけ。・・・だそうです。
でも、充分おいしい~。

(おいしい~おいしい~を連発し、作り方をしつこく聞く私に "これ、持って行きなさい。"
とストックしてあったお豆を渡してくれた彼女。
あ~やっぱり良い人だ~。(笑))


私たちの英語のレベルに合わせ(苦笑)何度も言葉を言い換えてくれる
彼女のおかげで、美味しく楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

"アメリカの食べ物は悪いものが多いけど、こんな風にシンプルで
美味しいものもたくさんあるのよ。" と、にっこり笑う彼女。

そんなお料理を一つでも多く、覚えられたらいいな。

またまた素晴らしい出会いに、感謝です。^-^





↓6月23日。

母と叔母を乗せた飛行機は、無事最寄の空港へ到着~。
涙・涙の再会~となるはずでしたが・・・待てど暮らせど二人の姿は
出口から現れない!
どこへ行ってしまったの???と思っていると、叔母から携帯に
連絡が。
飛行機からは降りたものの、出口がわからない~とのこと。
案内図で現在地を確認し、携帯で誘導~
出口から満面の笑顔で出てくる二人を見つけたときは、カンゲキ~
と言うよりは、ほっと一安心。
涙の出番はなし。(苦笑)

母と過した10日間。

近くのスーパーや、息子の学校を見てまわったり。
週末は、近く(と言っても車で4時間。苦笑)の観光名所に行ったり。
d0111287_4284049.jpg

あっという間に過ぎて行きました。

家の前に登場するリスや蛍に大興奮。それを必死になってカメラに収めようとする
母の姿がとても可愛らしかったです。^-^

でも親孝行~叔母さん孝行~のつもりが、結局散らかった落ち葉や木の実を片付けて
もらったり、部屋を掃除してもらったり・・・

二人がいる間、私の作った料理(と呼んでよいものやら・・・)そば、そうめん、
味噌汁、切干大根、ほうれん草のおひたし・・・だけ。(爆)
何とも情けない娘です。(でも久しぶりに食べた母のおにぎりは最高だったよ~^-^v)

帰りの飛行機はワシントン発だったので、最後にワシントンにみんなで2泊。

拙い英語の上、私たちも初めてのワシントンだったので、大した案内も
できないまま終わってしまいましたが・・・
何とかホワイトハウスとリンカーン氏は見てもらえました。(苦笑)
d0111287_4291383.jpg
d0111287_4302139.jpg


泣かずに言う自信がなく・・なかなか口に出来なかった "来てくれてありがとう。"
ワシントンの横断歩道を渡りながら、やっと言うことが出来たとき、
母は、泣き笑いのくしゃくしゃの顔でうん、うんとうなずくだけでした。

空港でも、搭乗手続きが終わると"泣けちゃうから"と、私たちを早く追い返そうと
する母。その横で、すでに涙目の叔母。

70歳の母にとっても、母より少し若い叔母(笑)にとってもこの長旅は、かなり
しんどかったと思います。
それなのに、私のことばかり心配してくれて、"世話かけてごめんね"なんて
言ってくれたりするんだから・・・まいっちゃいますね。

遠い遠いこの地まで、長い時間かけて来てくれた二人に感謝の気持ちでいっぱいです。

"来てくれてありがとう。"

そして、長いこと日本で留守番をしてくれた父にも・・・感謝です。

今度は私たちが父や母、叔母に会いに行きたいと思います。^-^
[PR]
by ha-ru211 | 2009-07-03 05:11 | 家族
<< 気がつくと・・・ Welcome! >>